クラシカルコーヒーロースター株式会社
メカニカル事業部「RaysMotors」

メカニカル事業部では、米国、ドイツなど海外メーカー、国内メーカーのコーヒー/エスプレッソマシン、コーヒーグラインダーなどコーヒー関連機材、また、米国、国内メーカーの専門的な飲食店向け業務用調理機材の販売、修理などを行っています。

トレーラー事業部で販売するキッチン/キャンピングトレーラーを牽引する為の米国、日本のピックアップトラックやその他の牽引車両、牽引に必要なヒッチメンバー、ヒッチボールなどの自動車パーツ販売、取付も行っています。
キッチン/キャンピングトレーラー牽引用のヒッチメンバー取付、牽引車の950登録、連結検討書類作成など専門的な業務のお手伝いも可能です。

また、メカニカル事業部では、私たちが企画、製造するオリジナルの高品質な自動車、自動二輪車両専用のカスタムパーツ、オリジナルグッズの販売も行っています。

〜 about BIKES 〜
当社の業務提携するパートナー企業、Ratelsでは、カスタムバイク専門ショップならではの技術を活かし、米国、国内メーカーのビンテージ〜最新モデルまで多様な自動二輪車両を販売、修理、カスタムも可能です。

コーヒーマシンからトレーラー、自動車、自動二輪まで。。
お客様の様々なご相談をお聞かせ下さい。

  • 在庫車両
  • パーツセール
  • その他セール
  • トレーラー
  • キッチントレーラー
  • Ratels

【RaysMotors 取扱業務】

・当社販売のトレーラー車両の修理サービス、メカニカルサービス等
・当社販売のトレーラー車両に関する出張修理、メカニカルサービス
・牽引車950登録 ¥30,000〜
・連結検討書作成 ¥7,000〜
・ヒッチメンバー、ヒッチボールの販売
・牽引車ヒッチメンバー取付加工
・米国、国産メーカーの自動車販売
・米国、国産メーカーの自動二輪車販売
・米国、国産メーカーの自動車、自動二輪車のカスタム、修理、整備、車検等
・自動車の磨き、コーティング
・その他、トレーラー、自動車、自動二輪車に関する事項

【米国UsedCar輸入販売について】

当社提携の現地企業スタッフによる実車確認、車両画像、車両詳細情報の入手も可能です。
オーダーから納車までの流れは以下をご確認ください。

  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例
  • 買い付け車両例

ご注文からご納車までの流れ

  • 1.
    オーダー内容の打合せ、受付(当社ショールーム・お問い合わせフォーム)
  • 2.
    車両検索・車両情報のお知らせ・お見積り
  • 3.
    正式オーダー受付、ご契約後、現地買付け
    ※お支払いについてはお問い合わせください。
  • 4.
    現地車両海運港まで運搬
  • 5.
    現地当社提携企業による現車確認
  • 6.
    輸出手続き
  • 7.
    船便出航(西海岸発 1ヶ月-1.5ヶ月)
  • 8.
    名古屋港到着、輸入通関
  • 9.
    排ガス、その他日本国仕様への換装整備・諸手続き等
  • 10.
    予備検査(3・5ナンバーは3年、1ナンバーは2年の車検がつきます)
  • 11.
    リサイクル料金預託申請
  • 12.
    書類のご用意(車庫証明、印鑑証明等)、お客様車両のお渡し(お引き取りorご納車)
  • 13.
    お客様にて新規登録(お客様の管轄陸運局にてナンバー取得)

※3~13まで 約2ヶ月~2ヶ月半となります。
※現地での陸送や船のスケジュールにより多少の前後はありますので予めお問い合わせください。

CARFAX & AUTO CHECK についてのご案内

CARFAXCARFAXとは、アメリカ本国に存在する民間調査機構「CARFAX」が発行している自動車履歴証明書です。このCARFAXを調べることによって、日本国内で並行輸入車を購入する際に、走行距離改ざん車を未然に察知することが可能になります。実は、アメリカでは日本よりも遥かに中古車の走行距離に関して厳重に管理されています。車の所有者が替わる度に、DMVと呼ばれる行政機関(日本で言うと陸運局に当たる組織)が、走行距離の最終履歴を記録しています。CARFAXでは、この記録の情報開示請求を始め、独自に車の履歴を調査しているのです。そのカバー領域はアメリカ本土は勿論、アラスカ、ハワイ、メキシコ(一部)にまで及び、アメリカ国内で登録された自動車(国産車以 外も含め)の履歴は、ほぼ100%把握できると言われています。(但し、データは13年前までしか追跡できない。)CARFAXが日本で認知され出したのはごく最近ですが、訴訟大国アメリカでは古くからその存在が広く知られており、信頼をも得ています。年間の情報請求数は米本国だけでも優に20万件を越えます。

AutoCheckAUTO CHECKとは、CARFAX同様、民間の自動車履歴調査機構です。一般的にはCARFAXの方が信憑性が高く、カバー領域も広いとされていますが、AUTO CHECKとはデータを供用していないので、CARFAXで分からなかった情報が、AUTO CHECKで判明するということも有り得ます。(勿論、その逆も有り得ます。)CARFAXのデータを100%と位置付けるのは難しいかもしれませんが(特に日本国内では)、十分な参考資料には成り得るかと思います。この情報を、お目当ての車を購入する前に調べていれば、走行距離改ざん車を購入してしまう可能性は極めて低くなるでしょう。

  • 在庫車両
  • パーツセール
  • その他セール
  • トレーラー
  • キッチントレーラー
  • Ratels
Go To Top